犬としつけの重要性について

犬としつけについて

犬を迎えたら、ほとんどの飼い主さんは、ご飯に、トイレに首輪に、と出来るだけの準備をしてあげる方がほとんどです。でも、子犬を迎えるとき、犬を飼ったときにしつけをする必要がある。しつけ教室に通おう。と思っている人はとても少ないのが現状です。

 

今の日本で犬を飼っている人の多くは、ペットショップから購入する人が多いですし、そうなれば、犬を購入してくれるお客さんには、同時にそういった身の回りの商品を販売するところが多いです。でも、しつけ教室やトレーニングなどを行なっているところは少ないので、生活に必要なご飯、トイレ、首輪などの生活必需品だけを勧めて、一緒に生活するのに大切な基盤となる「しつけ」の大切さややり方、コツなどは教えてくれません。犬のしつけについては、必要となればやったらいい。

 

もしくは必要性を感じない飼い主さんがほとんどです。確かに、そうそう特殊な犬や大型犬や使役犬と呼ばれる。人の仕事の手伝いや生活を守ったりする仕事についていた犬を飼った場合は、しつけ教室に通うことが多いようです。その一方で、小型犬、愛玩犬と呼ばれる。

 

かわいがるために飼われる犬については、犬の行動を比較的簡単に制限したり、コントロールしやすいために犬のしつけをする人の方が少ないように感じます。簡単に扱いやすいというよりは、力が弱いので言うことを聞かせやすいとか散歩で引っ張ったりしてもそう問題視されていないとか、鳴いたりしても大きな声でないので、そのままでもよい。とされることが多いので、まぁいいか。となってしまうのが実態でしょうか。

 

でも、ここで勘違いしてはいけないのは、犬の大きさが違うからと言っても、やっている行動に変わりはないので、素人目には問題のないように見えても、専門家にとっては問題ありありな行動であることも多いのです。なぜなら、大型犬であれ小型犬であれ、犬という動物に変わりないので、その行動の意味することが同じだからです。例えば、落ち着きのない犬の場合、散歩でまっすぐ歩かずにジグザグに歩いていたりとか、さっきも書いたようにリードを引っ張りながら歩くものよい行動ではありませんよね。また、犬のしつけに関しては、その中身を勘違いされやすいのですが、犬を人間のいいようにコントロールしたり、強制することと思われやすいです。実際には、人間と犬が一緒に楽しく暮らすためのルール作りと思われるといいでしょう。犬のしつけのやり方や間違いについても、このサイトで解説していきたいと思います。