犬種としつけについて

犬種としつけについて

犬である以上犬種によって性格も異なります。
ですので犬種によってしつけの方法が異なります。

 

例えばドーベルマン、シェパードなどのワンオーナー犬は飼い主以外になつきにくいので、他人がしつけする場合難しいケースもあります。
小さいうちから他の人と接しさせて犬のコミュニケーション能力を高めることも大事なんですね。

 

またワンオーナー犬の場合は万が一犬と離れてしまう場合でも飼い主がいないことでひどくストレスになってしまう場合があります。
これらの犬種などは子犬の頃から他の人と接することで、他の人にもなつきやすくなります。

 

一方ゴールデンレトリバーやラブラドルレトリバーなどはワンオーナー犬とは異なり、他人誰でも愛想よくしてしまう傾向が強いのです。
ですので番犬としてはやや頼りない部分があります。
これらのなつきやすい犬の場合は子犬のころからしっかりしたしつけをしないと他の人に慣れてついってしまうなどのほかに、
体が大きいので犬自身は遊んでいるつもりでも相手や飼い主を怪我させてしまう場合もあります。

 

噛み癖や飛びつき癖などいろいろなクセがある場合は子犬のうちにしっかりしつけておきましょう。

 

最近流行の小型犬、プードルやバグの場合も他の人についていってしまったりする場合もあります。
特にシェルティなどは噛み癖がひどい犬も中にはいますのでしっかりしたしつけを行いましょう。

 

小型犬は体が小さいからコントロールしやすいと思う飼い主さんも多いのですが、噛み癖や凶暴さは残ってる小型犬も多く、注意が必要です。