小型犬のしつけと大型犬のしつけの違い

小型犬のしつけと大型犬のしつけ

ペットは動物であることを理解してしつけをすると、
犬の年齢に関係なくしつけが出来たり、

 

噛んだり物を破壊したりするなどの、
ちょっと問題のあるしつけが難しいとされる行動も
なくすことができるケースが多いです。

 

 

ここで大切なのは、ペットは家族でもあり、
同時に動物でもあることを理解してその点を活かしたしつけをすることで、

 

それこそがしつけを成功させるポイントになります。

 

 

人間とは違うことを理解してしつけることで、
何も我慢をさせたり押さえつけたりする必要がないのも特徴です。

 

 

叩いたり・怒鳴ったりすることが人が怒っているぞ!

 

と分からせる方法だと思ってしまうのは、いまではとても古いしつけ方ですが、
人間の感情をそのまま犬に当てはめているのと同じだと思いませんか?

 

犬だって人間が怒っているな。とか
悲しんでいるな。とか何より飼い主さんが喜んでいるなどの感情を
ちゃんと理解しています。

 

 

でも、、
他の犬や人に威嚇すると迷惑がかかるから辞めておこうとか
自分のためを思ってやってくれているんだ!とまで
人間のように考えるところまではちょっとできないですよね。

 

だから、犬を動物とみなすことがしつけでは必要なわけです。

 

 

では、ここから犬を動物としてみたしつけやすいしつけとは、
どんな方法なのかについて解説していきます。

 

犬のしつけは、できる限り犬種やその子の性格に合わせて
細かな対応をするのが一番良いのですが、小型犬や大型犬など
犬のサイズに応じて必要なしつけの傾向や問題となりやすい行動が
あります。

 

細かく分類することもできるのですが、まずは大型犬・小型犬というサイズの違いでしつけをわけることで
向いているしつけ方法を知ることができます。

 

上手くしつけるためには、その犬に向いているしつけ方法を取り入れることも重要です。

 

 

向いていないしつけをすると、いい子になるはずが
ストレスで逆効果になり、問題行動を引き起こすかもしれませんし、
何よりその子の持っている性格や良さを残すことができません。

 

 

正しいしつけとは、その子の性格や良さは残しながら
人間と一緒に生活をするルールを覚えてもらうことです。

 

そうすることで、人間も犬もどちらも楽しく幸せに暮らすことができます。