大型犬のしつけについて

大型犬のしつけについて

大型犬は、力も強くしつけが難しいとされている犬種もいます。
しかし、昔から人間のために働いたりしているケースも多いことからもわかるように、知能も高く、素晴らしいパートナー・家族として生活できるのが魅力です。

 

そのために必要なのがしつけで、
人と犬が共に幸せで楽しく暮らすのにとても役立ちます。

 

 

犬をしつけることは、何も人間の言うことを聞かせるためだけではないのです。

 

しつけには、人の都合によるものと飼い犬を守る2つの面があり、
飼い犬を守ってあげられるのは飼い主さんだけです。

 

 

 

例えば、他の人や犬に害を与えないし、
かわいがるだけでいいわ。というわんちゃんでも、
もし、引っ張り癖があったとしたら
もしかしたら、何かの拍子に飼い主さんが転んで怪我をしてしまうかもしれません。
なので、できるなら引っ張り癖を直した方がいいですよね。

 

この場合は、人間が怪我をしないように。という人視点のしつけです。

 

 

その一方で、引っ張った状況が、人や犬が大好きで急に走り出したためだった場合は、
リードを離してしまったり首輪が抜けてしまう可能性もあります。

 

もし、そうなったら相手の犬や人が友好的とは限りませんし、
犬が直進で向かって行くことは、犬の社会では友好的な態度とみなされず、噛んだり吠えたりする可能性があります。

 

このように、いくら犬が友好的でも相手の犬が攻撃的なら、
傷つけなくても飼い犬が傷つけられる可能性があります。

 

さらに深刻なケースでは、犬が道に飛び出して惹かれてしまった。
なんて話も少なくありません。

 

 

変に脅してしまうような文章を書いてしまって申し訳ないのですが、
しつけは言うことを聞かせるためだけのものではない。ということを
知っておいて欲しかったからです。

 

今、上に書いたような状況になったときにしつけをしていたら、
ノーリードの状態でも呼び戻して飼い犬自身の安全を守って上げられることができます。

 

つまり、しつけには「犬の命を守る」役割もあるのです。

 

 

普段はおとなしくて名前を呼べばすぐに来てくれるわんちゃんでも、
興奮しているときはお耳はお留守になって飼い主さんの言葉が届かない。

 

という犬も多いです。この場合も興奮状態を鎮めるためのしつけがあるので、
それをするだけで興奮してもすぐに収まったりします。

 

 

大型犬のしつけと言うと、犬が喜んだり楽しんだりする感情を押さえつけて
主従関係を築いて言うことを聞かせることだというイメージの人もいますが、

 

特定のそういう強制訓練が必要なケースを除けば、

 

犬種自体の良さや特徴を理解して、それを活かしたり残したりしながら
上手く飼い主さんが良い方向に誘導するためのルール作りをすればいいのです。

 

 

まずは、犬のことをもっと理解してあげると
スムーズにしつけが上手くいきますよ。